· 

freee連携kintoneプラグイン 設定マニュアル3(マスター取得プラグイン編)

クラウド会計ソフトfreeeと

kintone(販売管理)のつなぎ方 Page.3

会計freee(フリー)のマスターを

kintone(販売管理)から取得する設定をしよう!

 

今回は、会計管理側の会計freee(フリー)のマスターを販売管理側のkintoneから

一括で取得する為の設定マニュアルをご紹介します。

 

販売管理→会計側に登録する際、

都度、会計側のIDなどを入力する手間が省けますので、

ぜひ本プラグインを利用して、マスタ管理の工数を減らしましょう。

 

(いきなり動画で見たい方は、こちらへ)

会計freee(フリー)のマスター取得の為に

kintone(販売管理)プラグイン設定をしよう!

1.販売商品マスタを管理しているアプリをクリック。

 

 

2.[設定]ボタン→[設定]タブ→[プラグイン]をクリック。

 

3.[プラグインの追加]をクリック後、

  [freeeマスター取得プラグイン]にチェックを入れて、

  [追加]→[設定]ボタンをクリック。

 

4.[認可情報アプリ]の設定時にメモをした

  [アプリID]と[APIトークン]をそれぞれ入力。

 

5.連携先区分で[品目]を選択。

 

 

6.会計フリーの各項目が表示される為、それぞれkintone上の項目を選択。

※各項目の詳細は、以下をご参照ください。

 

7.[アプリの設定]→[アプリを変更]→[OK]をクリック。

会計freee(フリー)のマスターをkintone(販売管理)で取得してみよう!

1.[freee品目を一括取得する]をクリック。

 

 

2.ポップアップが表示されるので、[OK]をクリック。

※ 会計freeeに登録されている品目を全て取得します。

 

  尚、登録ルールは以下の通り。

   - 新規登録:kintone側に会計freeeの品目IDの登録がない場合。

   - 更新:kintone側に会計freeeの品目IDの登録がある場合。

会計freee(フリー)の他のマスターを

kintone(販売管理)で取得してみよう!

1.仕入商品マスタを管理しているアプリに対して、上記手順で設定、取得。

 

2.勘定科目マスタを管理しているアプリに対して、上記手順で設定、取得。

※ 上記5.連携先区分は、[勘定科目]を選択。

※ 各項目の詳細は、以下をご参照ください。

 

3.部門マスタを管理しているアプリに対して、上記手順で設定、取得。

※ 上記5.連携先区分は、[部門]を選択。

※ 各項目の詳細は、以下をご参照ください。

 

4.メモタグマスタを管理しているアプリに対して、上記手順で設定、取得。

※ 上記5.連携先区分は、[メモタグ部門]を選択。

※ 各項目の詳細は、以下をご参照ください。

但し、メモタグに関しては、

案件番号やプロジェクト名など用途が広い為、

kintone(販売管理)側からも登録したい!場合は、

本プラグインではなく、

次のページで紹介するプラグインをご利用ください。

kintone(販売管理)と会計freee(フリー)のつなぎ方を、

動画で見たい方はこちら!

次のマニュアルはこちら!