freee連携kintoneプラグイン 設定マニュアル7(書類登録プラグイン インストール編)

クラウド会計ソフトfreeeと

kintone(販売管理)のつなぎ方Page.7

kintone(販売・請求管理)の取引データを、
会計freee(フリー)に明細単位で連携しよう!

こちらのマニュアルは、

請求書API対応プラグイン※」を

ご契約された方を対象としています。

※ 見積書、請求書、発注書など、

  kintone上のレコードを明細単位で、

  会計フリーと連携するプラグイン。

 

まず始めに「取引登録プラグイン」を、

既にkintone上に設定している場合は、

「取引登録プラグイン」を削除してください

 

そして、既に設定動画マニュアル1で

「書類登録プラグイン」を

インストール済みの方は、こちらへ

 

それでは以下手順で、

「書類登録プラグイン」

読み込みましょう! 

(いきなり動画で見たい方は、こちらへ)

kintone(販売・請求管理)の請求データを
会計freeeにつなぐ為のプラグインを読み込もう!

 1.kintone右上の[設定]ボタン→

  [kintoneシステム管理]をクリック。

 

2.[プラグイン]→[読み込む]→[参照]をクリック。

 

 

3.設定マニュアル1で解凍したフォルダの中に、

  freee書類登録プラグインがあるので、

  それをクリックして、[開く]をクリック。

 

4.[読み込む]をクリックすると、

  読み込んだプラグインの一覧の中に、

  『freee書類登録プラグイン』が保存される。

kintone(販売管理)と会計freee(フリー)のつなぎ方を、

動画で見たい方はこちら!

次のマニュアルはこちら!