『freee連携 kintoneプラグイン』ってなに?

『freee連携 kintoneプラグイン』ってなに?

kintone販売・請求管理と会計freeeをつなぐためのプラグイン

弊社アイティーフィットのソリューション!

『freee連携 kintoneプラグイン』で何ができるかを紹介します!

 

前ページで紹介した

freee連携 kintoneプラグイン

ですが、本ページでは、

具体的にどういったことができるのか?

をご紹介します!

 

いきなり結論を申し上げますと、

 

「kintone販売管理と会計freee間のデータを連携します!」

「取引先別で請求締め日を設定できます!」

「まとめ請求もできます!」

 

です。

 

それでは、それぞれ具体的に説明します。

オールクラウド®の出番!
kintone販売管理と会計freeeのデータ連携!

 

『freee連携 kintoneプラグイン』により

販売・請求管理と会計管理が連携します!

 

先日の友人からの相談の通り、

販売・請求管理と会計管理では、

同じようなデータを入力するケースが多いです。

 

だったら、片方のシステムに入力した情報を、

もう片方のシステムに同期すればいいのです。

 

『freee連携 kintoneプラグイン』を各アプリに設定すると、

以下のようなデータ連携ができます。

※ kintone販売・請求管理は、

  弊社で無償提供している「販売9」を例にしています。

 

 

 

 

 

 

これで重複作業がなくなりますね!

kintone販売・請求管理で取引先別で請求締め日を登録!

 

kintone(販売・請求管理)による

取引先別の請求締め日設定が必要!

 

会計freeeとは、

あくまで売り上がって、

請求をするデータに対して、

入金消込をしたりするものなので、

もちろん、

取引先別に請求締め日がいつなのか?

なんてことは意識しません。

 

でも、毎月請求締め日を意識しながら

一件ずつ会計freeeに入力をするなんて、

とてもじゃないけど、できません。

 

そこで、

kintone販売・請求管理が必要なのです。

 

kintone販売・請求管理の取引先台帳で、

取引先別に請求締め日を登録して、

それを請求データに反映する必要があるのです。

※ 弊社で無料提供している販売9は、

  もちろん対応しています。

 

kintone販売・請求管理と会計freeeでまとめ請求!

 

kintone(販売・請求管理)による

まとめ請求が必要!

 

一つの取引先に対して、複数の取引がある場合、

一般的には、それぞれの取引を束ねて

請求をする必要があります。

※ 数がたくさんある場合、

  取引別に請求書を発行したら、

  送る側も受ける側も大変ですよね。

 

ただ、会計freeeでは、

取引→請求書を発行しようとすると、

仕様上、1件ずつしか発行できません

 

そこで、kintone販売・請求管理の

複数の取引データを請求書の明細行として

会計freeeに渡してあげる必要があるのです。

 

 

このまとめ請求を実現するのが、

『freee連携 kintoneプラグイン』のオプションメニュー

請求書APIプラグイン』です。

 

次のブログで

『請求書APIプラグイン』を説明します。

 

もうkintoneで

販売管理システムを導入してみたかったり、

freee連携 kintoneプラグイン

使ってみたいって人は、

 

↓↓↓ ぜひ、こちらから ↓↓↓

 

販売9紹介ページ

販売9ダウンロードお申込み → ずっと無料で使えます。

freee連携 kintoneプラグイン紹介ページ

freee連携 kintoneプラグインダウンロードお申込みページ → 60日間無料でお試しできます。

 

 

次の投稿はこちら!